木箱の家

 漁師の2世帯住宅であり、水廻り等は共有しながらも各々の居場所を確保したいとの要望であった。そこで、それぞれの生活領域の箱をミックスした構成を採用し、3つのリビングを設けました。これら共有のリビング、親世帯のリビング、サブリビングが独立性を確保しながらも一体となるプランとしました。  それぞれの箱には異なる素材を用いることで外観にも内部の構成が表われています。LDK、水廻り等の共有領域となるメインの白い箱、親世帯のエリアとなる鉄の箱、外部からの緩衝領域であり風除室や車庫のほか、坪庭として機能する木の箱です。この木の箱には漁業道具を屋外保管することも想定しています。また、鉄の箱の上部はルーフテラスとしても機能します。これらの囲みをつくる箱の集合によって、家族の居場所をつくりだす住まいを実現しています。

一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト
一級建築士事務所 亀田建築都市研究所の公式サイト